平成最後の『さくら祭』に参加しました!

2019年4月2日 東さくら園

こんにちは。

いよいよ桜の季節となってきましたが、ここ数日は肌寒いですね。

さて、先日の3月31日(日)に今里西之口公園で開かれた「わがまち・いまざと『さくら祭り』」に今年も参加させていただきました。

晴天には恵まれたものの冷たい風が吹く中でしたが、多くの方々の来場がありました。

多くのブースが出店され、ステージでは歌と生バンドの演奏が披露されました。

東さくら園は、東成区食生活改善推進員協議会の皆さんと一緒にお弁当を販売しました(あっという間に売り切れました!)。

大人気!

そして、今年は初めての試みとして、「ママサポ・グリーン」として出店し、Yさんと職員のGさんが手作り小物などを販売しました。

Yさんの作品です

今年も地域の皆さんと一緒に春のひとときを楽しく過ごすことができました。

本当にありがとうございました&お疲れ様でした!

昨日から新しい年度が始まり、新しい元号も発表され、いよいよ新しい時代がやってきますネ!

たとえ新しい時代を迎えても、これからも人と人とのつながりを大切に、誰もが住みよい町づくりに貢献していきたいと思いますので、令和元年もどうぞよろしくお願いいたします。

“笑い”のサンタがやって来た!

2018年12月31日 東さくら園

こんにちは。

早いものでもう大晦日ですね。皆さんにとって今年はどんな一年だったでしょうか?

東さくら園は今年も明るく笑顔の多い一年だったと思います。

先日、東さくら園のお母さんと子ども達をいつも応援してくださっている宮川大助・花子さんの計らいで、今年もよしもとの芸人さん達が笑いのプレゼントを届けに来てくださいました。

「一足早いクリスマス会」と銘打たれたこのイベントは、今年で4回目となり、会場となった学習室はお母さん、子ども達、スタッフ、地域の方々の笑い声に包まれました。

怪しげな超能力者:宮川隼人さん
ちょっと悲しいアイドル志望:くるくるコミックさん
アドバルーンの魔術師:フリーサイズさん

“笑い”のサンタの皆さん(宮川隼人さん、くるくるコミックさん、フリーサイズさん)、宮川大助・花子さん、今年も本当にありがとうございました。

皆さん、来年も笑顔でいきましょうネ!

秋空の下、楽しみました!

2018年11月7日 東さくら園

こんにちは。

すっかり秋となって、気持ちのいいお天気が続いていますね。

先日、大阪府内の母子生活支援施設を利用するお母さん方と子どもたちで和歌山マリーナシティ(ポルトヨーロッパ)に行ってきました。

これは毎年恒例の合同行事で、社会福祉法人 産経新聞厚生文化事業団 様より多大のご協力をいただいて行われているものです。

当日は汗ばむほどの好天で、皆さん思い思いにアトラクションに乗ったりお買い物をしたりして楽しんでおられました。

(私も他の施設の職員さんと急流すべりに乗りました!)

帰りのバスの中では、もちろん皆さんZzzz・・・(笑)

お母さん方と子どもたちの笑顔がはじける楽しい一日でした。

☆願いが叶いますように☆

2018年7月9日 東さくら園

こんにちは。連日大雨が続いておりますが、皆さま、元気に過ごされておりますでしょうか。

7月7日は「七夕」です。保育室では、毎年恒例の「七夕の集い」を行いました。

「きらきら星」のピアノ演奏に乗せて、七夕の由来の話が始まると、子ども達は真剣に見入っていました。その後は、職員が作成したペープサート「たなばたバス」をみんなで楽しみました。

子ども達は、ペープサートを見ながら、織姫が彦星に合える様に願いを込めて腕をクルクル回して雨雲を追い払ったり大盛り上がり。綺麗な夜空の中で織姫と彦星は再会する事が出来ました☆

その後は、恒例の流しそうめん大会です。今年も母子参加で、お母さん方にも参加してもらい、子ども達と一緒にそうめんをすくって、お腹いっぱい食べました。

親子でハピカ☆はみがきワクワクシュッ、シュッ、シュー♪

2018年6月26日 東さくら園

梅雨に入り、ジメジメした日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

6月4日から10日は、歯と口の健康習慣となっています。保育室では、「親子でハピカ」と題しまして、親子で歯磨きをして、口の中からジメジメを追い出そう!!という事で、お母さん方に歯ブラシとコップを持って来て貰い、皆で歯磨きをしました。

「がんばれ歯ブラシハーマン」という絵本から職員が紙芝居を作り、お母さんと子ども達に見てもらいました。皆、真剣に見入っています。

紙芝居の後は、職員が作ったハピカソングを皆で歌いながら、子ども達はお母さんの膝に寝転がり、仕上げ磨きをしました。子ども達はお口をあーんと大きく開けて、歯の裏も表も歌に合わせて、「シュッシュッ、シュー♪」きれいになったかな?

歯が綺麗になった後は東成区の保健師さんから歯磨きについての話を聞かせて頂きました。子ども達もお母さんも、皆で歌って磨いて、歯磨きの時間を楽しみました。

惹かれて 想って つながって

2018年5月14日 東さくら園

こんにちは!

5月12日(土)、慶應義塾大学の学生さんが、大学の研究のため東さくら園にインタビューに来られました。 🌼研究活動の詳細についてはこちら

5月13日(日)には、東成区役所にて

「慶應義塾大学の学生による 東成の人びとのポスター展」

が開催されました!

成で暮らし、働く人々へのインタビューや実際に町を歩いて感じ、学んだことをポスターやビデオにまとめて発表されました。東さくら園だけでなく、地域の企業さんや神社の宮司さんや㈱よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の住みます芸人”村一番”さんなどの東成区にゆかりのある方々についても取材されています。

5月31日(木)まで東成区役所1階ふれあいパンジーにて、ポスターが展示されていますので、ぜひお立ち寄りください(^^)

学生さんが作成されたポスターがこちら

学生さんと完成されたポスターと共に

最後にインタビューを通して学生さんの思いがつまったキャッチコピーが右肩に乗っています。

”惹かれて 想って つながって”

 

 

世界に一つだけのロゼット

2018年1月30日 東さくら園

こんにちは。

とても寒い日が続いていますが、皆さんお変わりないでしょうか?

さて、先日の日曜日、東成区民センターで開催された東成区母と子の共励会さん主催の「ロゼット作り」に行ってきました。

会場には東さくら園や地域のお母さんと子ども達が集まり、講師には東成区内で活発に活動されている「コアラ手芸部」の皆さんが来てくださいました。

どれにしようかなぁ・・・

まずは、いろいろな素材から自分の好きなものを選びます。

皆さん、親子やお隣の席の方と話し合いながら、いろいろな組み合わせを試しておられました。

色のバランスを考えて・・・

組み合わせが決まったら、ボンドで貼り付けていきます。

ていねいに・・・

そして、裏面にピンを付けたら完成です!

ステキな作品が揃いました!

皆さんとっても楽しそうに制作されていましたし、出来上がりに満足されていました。

自分の思いのままに自由に創作するって楽しいですね!

「コアラ手芸部」の皆さん、東成区母と子の共励会の皆さん、ありがとうございました。

大きなお力添え

2017年10月25日 東さくら園

こんにちは。

先日、東さくら園に弁護士の先生が法律相談のために来園され、数名のお母さんが悩みごとや困りごとの相談に乗ってもらいました。

これは、大阪弁護士会に所属する有志の弁護士の方々による取り組みで、府内の母子生活支援施設に暮らすお母さん方のための無料巡回法律相談の一環でした。

お母さん方は弁護士の先生からいろいろなアドバイスを受け、とても参考になったと話されていました。

法律相談と言えば敷居が高く感じがちですが、弁護士の先生が園にまで出向いてくださることで、お母さん方も気軽に相談できたようです。

大阪弁護士会「貧困・生活再建問題対策本部 女性と子どもの貧困部会」の弁護士の先生には、いつも大きなお力添えをいただいていることを改めて厚くお礼申し上げます。

今年も本当にありがとうございました。

やってみよう!キャンプ!!

2017年8月17日 東さくら園

こんにちは。

今月初旬に、学童(小学生)の子どもたちとスタッフで2泊3日のキャンプに行ってきました。

場所は京都の天橋立で、子どもたちにも私たちにも馴染みの場所です。

今年のキャンプのテーマは「やってみよう!」とし、子どもたち一人ひとりが自然の中で自分のやってみたいことにチャレンジしました。

プログラムそのものも、事前に子どもたちとスタッフで話し合って決めました。

私・僕だけの「やってみよう!」

海で!

イエーイ!

魚を捕まえるぞ~!

ペットボトル号、出航!

即、沈没!(笑)

山で!

火をおこすぞ~!

点いた!カレーを作るぞお!

川で!

カエルだあ!

カニだあ!

ホラっ!

朝も!

早朝5:00!

夜も!

みんなと!

サイコー♬

自然の中、子どもたち一人ひとりの充実した顔と真っ黒に日焼けした肌が輝くキャンプとなりました。

さあ、みんな!これからもいろんなことを「やってみよう!」ネ!

準備と後片付けをしてくださったお母さん方、キャンプに同行してくださったボランティア・実習生の皆さん、天橋立ユースホステルの皆さん、地域住民の皆さん、本当にありがとうございました!

100日、おめでとう!

2017年5月22日 東さくら園

こんにちは!
もう夏を思わせる暑さですね。
園庭では汗だくで走り回る子どもたちとスタッフの元気な声が響いています。

さて、久しぶりのブログは、先月お食い初めをした様子をお伝えします。

めでたく生後100日を迎えたのは、いつもニコニコでみんなから可愛がられているRちゃん。
この日は、お母さんがRちゃんのために祝い膳を作られました。

慣れた手さばきです!

ステキ!

それから、みんなのバアバ(施設長)がおばあちゃん役をしてRちゃんのお口にお料理を当て、たまたま居合わせた区役所の方にも同席してもらい、お母さんとスタッフも一緒にRちゃんが食べ物に困らないようにお願いしました。

Rちゃん、お母さん、おめでとうございます!

これからもRちゃんがスクスクと成長することをみんなで願っています。

(お母さん、おいしいおすそ分けをありがとうございました。)