雨水ネットワーク会議に招待され行ってきました

2011年8月12日 東さくら園

8月6日土曜日、雨水ネットワーク会議に招待されて子ども達4人と一緒に行ってきました。

雨水博士の環境教室では、「う~ん!」 水の大切さを改めて考えさせられました。

普段から自分たちに出来る節水対策のアイデアを、子ども達は次々に手を挙げ発表し雨水博士を驚かせていました。

また、水道がなかった時代、雨水を大切に溜めて生活用水に使っていた昔の人の知恵を実際に見て学びました。

お弁当もご馳走になり、大阪の誇る水「ほんまや」などのお土産もたっぷりいただき大満足の子ども達!!

とても楽しく学ぶことが出来ました。 

雨水博士ありがとう。

伊賀にキャンプに行きました

2011年8月12日 東さくら園

学童の子どもたちは、4施設合同でキャンプに行ってきました。

今年は伊賀野外活動センターでたくさんの自然と触れ合ってきました。

山の薫り、風の心地よさ、鳥や虫の声、風に揺れる木々や草の音・・・
都会では味わうことが出来ない体験が盛りだくさんで、
興奮続きの3日間でした。

活動のメインの一つに、林業体験がありました。

檜の木をみんなで力を合わせて切り倒し、木の皮を剥く。
この作業にみんな引き込まれていました。

将来、木こりさんにもなれます!と誉めてもらいました。

そして檜の丸太を更に輪切りにし、とても大切そうに抱えて持って帰っていました。

そんな子どもたちの姿を見て、自然の大切さを身をもって感じ取ってくれたんだと、

とても嬉しくなりました♪

これからも自然に触れ合うこと、体験し学習することを続けていきたいと思います。

また、東さくら園ではアルブル木工教室さんにお世話になり、「木工・木育」に親しんでいます。

林業体験は、木そのものを切るという「原点」に触れた貴重な体験になりました。

「子どもを守れ!キャンペーン」②

2011年8月10日 東さくら園

こんにちは。

先月このブログでご紹介した「子どもを守れ!キャンペーン」の番組として、「虐待 どう受け止めますか?」が近々放送予定ですので、今日はそれをお知らせします。

総合テレビ 8月12日(金)よる10時からです。

児童虐待の相談件数は、1990年度の調査以来20年連続で過去最多を更新しており、全国の児童相談所が2010年度に対応した児童虐待に関する相談件数(速報値)は5万件を突破し5万5152件になったことが7月20日、厚生労働省の調査で分かりました。

子どもの痛ましい事件を毎日のように耳にする昨今、虐待という問題にどのように向き合えばいいのか、みなさんと考えていきたいと思います。

興味・関心のある方はぜひご覧ください。

「子どもを守れ!キャンペーン」のホームページはこちらです。

観劇のご招待がありました!

2011年8月8日 東さくら園

こんにちは。

大阪市を通じて、朝日放送株式会社様より「スイートプリキュア ミュージカルショー」へのご招待がありました。

本当にありがとうございました。

東さくら園からは、4組のお母さんと子どもたち(幼児さん)が観劇に行かれました。

ショーを見終わって帰ってきた子どもたちは、とっても嬉しそうにプリキュアのグッズを職員に見せてくれたり、遊び疲れたのかお母さんに抱かれてグッスリ眠っていたりしました。

きっと、たくさん楽しんだのでしょうね☆

SEP(SST)実践者養成研修開催のお知らせ

2011年8月1日 東さくら園

こんにちは。

去年、多くの方々にご参加いただいたSST研修を今年もNPO法人WANA関西 藤木美奈子ソーシャルスキル研究所様と共催する運びとなりました。
今年の内容は、SSTからSEPへとより具体的かつ実践的に進化・発展したものとなっています。
ぜひ、ふるってご参加ください!

*SST(social skill training):認知行動療法をベースとして、当事者同士が、グループ形式での語り合いを通して、意欲や知識を高め、自尊心や気づきを深めることなどを目的としています。
*SEP(self-esteem program/single mother empowerment program):SSTの手法を用いた自尊感情回復プログラムです。

DV・虐待を受けたシングルマザーのエンパワメントと就労支援

第2回<初級> SEP実践者養成研修

いまや母子生活支援施設利用者の5割超を占めるDV・虐待などの暴力被害者。その多くが深い傷つきとさまざまな課題をかかえており、いわゆる処遇困難と呼べるケースも少なくありません。そうした利用者の皆さんをどう支援し就労につないでいくかは、施設のみならず社会の大きな課題となっています。 

SEPは、DVや虐待経験を持つシングルマザーの自尊感情回復プログラムであり、彼女たちのエンパワメントを目的として開発されました。SST(社会的スキル訓練)の手法を用いて行われる認知行動療法であり、当事者同士がグループで語り合うことで、さまざまな気づきをもたらし、支援のきっかけをつくることができます。

講師の藤木美奈子氏は、現在、母子施設、更生施設、障害者施設でSST指導をしながら、暴力被害者の治療・支援にあたる実践研究者です。
本研修では利用者をどう理解するか、回復とは、支援とは、当事者の立場に立った講義と、実際のSEPをどう進めるのかを、1泊2日の研修で学んでいただきます。いずれはとお考えの関係者もぜひこの機会に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●日 程   
平成23年 9月10日(土) 13:00 ~ 11日(日) 16:00 (予定)

●会 場   
セミナーハウス<クロス・ウェーブ梅田> (宿泊設備つき研修施設)
大阪市北区神山町1-12 
http://www.orix.co.jp/x-wave/osaka/index.htm
(JR大阪駅・地下鉄御堂筋線梅田駅・地下鉄堺筋線扇町駅より徒歩10分)

●参加費用(おひとり・税込)
 ・研修参加費用(2日間)   23,000円
 ・宿泊費(朝昼2食つき)   10,000円
 ・懇親会費(飲料代込み)     7,000円

*当研修はオムロン労働組合西部支部様より支援金を受けて実施いたします。
*先着順。申し込み順に受け付けし、40名に達し次第、締め切ります。

●研修内容(予定)
1.本研修の目的と経緯
2.DV・虐待被害者の現状
3.利用者への関わりにおける課題
4.処遇困難者の理解と傾向 ~生育家庭との関係~
5.当事者支援における原則と注意点
6.回復とは何か
7.エンパワメントと社会的スキル
8.認知行動療法の理論とSST
9.シングルマザーの就労支援における課題
10.SSTの実際(ワーク)

●対 象  
母子生活支援施設職員、女性支援の実務者など、女性の就労自立に関わる方
*両日とも参加できる方が対象です。

●講 師   藤木 美奈子 (ふじき・みなこ)
博士/龍谷大学短期大学部社会福祉学科准教授
関西大学臨床心理専門職大学院『被害者支援特別演習』講師

貧しいシングルマザーの子どもとして全国を転々、差別・暴力を受けて育つ。女子刑務所刑務官、1990年(有)アミダ設立を経て、1995年フリーランスなど雇用されずに働く女性のNPO法人WANA関西を設立、代表理事。
現在は研究者として、2004年よりシングルマザー・障がい者などの社会的弱者を対象に、3施設で就労支援としてのSST(社会的スキル訓練)を実施するほか、大学や大学院の福祉や心理分野で社会的弱者への対人援助を教える。「傷つけ合う家族」ほか、著書・講演多数。
公式サイト http://www.fujikiminako.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

≪お問い合わせ&お申し込みは・・・≫ 

●社会福祉法人 みおつくし福祉会  東さくら園
〒537-0022  大阪市東成区中本4-1-21 
TEL.06-6972-6010
FAX.06-6972-6086  
E-mail:higashi@sakuraen.jp

●NPO法人WANA関西  
〒531-0073 大阪市北区本庄西2-15-9  
TEL.06-6136-3100(火・金10-17時)
FAX.06-6136-3372
E-mail:wana.kansai@gmail.com

シャンプー・リンスをいただきました!

2011年7月27日 東さくら園

こんにちは。

公益財団法人 資生堂社会福祉事業財団様より、たくさんのシャンプー・リンス・トリートメントをいただきました。

いつも美しくありたいですよね!

資生堂社会福祉事業財団様は、一貫して日本の社会福祉事業への助成、とくに子どもとそれを育む女性の福祉の向上をグローバルな視点で捉え、心豊かな社会の実現のために長年様々な事業活動をされています。

また、児童福祉施設職員に対する研修等も活発に催されており、母子生活支援施設にも多大なるご理解とご支援をいただいています。

いただいたシャンプー・リンス・トリートメントはお母さん方にお配りしましたが、皆さん大変喜ばれていました。

本当にありがとうございました!

ゆったりたいむ

2011年7月14日 東さくら園

 ゆったりたいむは、心理カウンセラーが、東さくら園に入所されているお母さんを対象に実施しているグループワークです。

 1回およそ1時間半で、5回にわけてやっていきます。様々なゲームやエクササイズを通して、遊びながら、自分の持っている力に目を向けたり(エンパワメント)、よりよい生き方・コミュニケーションのためのテクニック(アサーションジェンダー等)を学んでいきます。

 遊びながら、というのがけっこうポイントで、最初はちょっと恥ずかしかったりもするんですが、子供の頃に戻ったような感覚でみんなでゲームを楽しんでいるうちに、心も体もリラックスできるというのが、私の実感です。

 職員もお母さんたちと同じ、一参加者という立場で参加させてもらっていますが、むしろお母さんたち以上に毎回楽しみにしているかもしれません(笑)

 

七夕祭り

2011年7月7日 東さくら園

今日は7月7日 七夕祭りを楽しみました

天気はあいにくの雨でしたが、大きな笹の枝を切り、保育室に持ってきました。子ども達が作った短冊や七夕飾りを結びつけました。みんな自分たちの描いた絵を指さし大喜びです。

給食のメニューも七夕にちなんだ、スペシャルメニューです。

たくさんのお星さまにみんな「わー!」と大喜びです。顔のパーツから食べる子や、星を大事に最後まで残している子、いろんな食べ方ですが、「おいしいね!!」とぱくぱく食べてました。

「笑顔いっぱい、元気いっぱい、大きくなあれ~」 願っています。

うれしい気持ち

2011年7月5日 東さくら園

こんにちは!

先日、学童の子どもが「みんな~、虹が出てる~」と教えてくれました

事務所から慌てて外に飛び出すと、雨上がりの空にキレイな虹が描かれていました♪

rainbow

虹なんてめったに見ることができないので、本当に嬉しかったです♪

しばらくの間、子ども達と一緒に見入ってしまいました!

こんな幸せな気持ちをおすそ分けしてくれた子ども達に感謝の気持ちでいっぱいですv

嬉しい気持ちがどんどん伝染していく、そんな素敵な施設でありたいと思います。

ジュースをいただきました☆

2011年7月1日 東さくら園

株式会社パナバック様から、いただきました!

ぱっと見たところワインですが、れっきとした子供の飲み物(炭酸ジュース)です(笑)

夏本番を前に、すでにこの暑さに職員は(というか私は)うんざりしているところですが、子供たちはというとそんな暑さはものともせず、今も外で鬼ごっこをしています。

いっぱい遊んだ後は、キンキンに冷えたジュースを堪能してもらいましょう☆★