伊賀にキャンプに行きました

2011年8月12日 リアン東さくら

学童の子どもたちは、4施設合同でキャンプに行ってきました。

今年は伊賀野外活動センターでたくさんの自然と触れ合ってきました。

山の薫り、風の心地よさ、鳥や虫の声、風に揺れる木々や草の音・・・
都会では味わうことが出来ない体験が盛りだくさんで、
興奮続きの3日間でした。

活動のメインの一つに、林業体験がありました。

檜の木をみんなで力を合わせて切り倒し、木の皮を剥く。
この作業にみんな引き込まれていました。

将来、木こりさんにもなれます!と誉めてもらいました。

そして檜の丸太を更に輪切りにし、とても大切そうに抱えて持って帰っていました。

そんな子どもたちの姿を見て、自然の大切さを身をもって感じ取ってくれたんだと、

とても嬉しくなりました♪

これからも自然に触れ合うこと、体験し学習することを続けていきたいと思います。

また、東さくら園ではアルブル木工教室さんにお世話になり、「木工・木育」に親しんでいます。

林業体験は、木そのものを切るという「原点」に触れた貴重な体験になりました。